TOP >> 提案解決事例 >> 来島どっく支線25年目(カーボマスチック15)の外観観察(今治市)

報告書 の防錆提案事例

来島どっく支線25年目(カーボマスチック15)の外観観察(今治市)

1985年8月「カーボマスチック15」にてに防錆塗装されました来島どっく支線。25年目の2010年4月3日に現地にて外観観察しました。「観察日は2010年4月3日です。)当時の塗装仕様は「カーボマスチック15 2回塗り」でした。

kurushima-no2-6_R.jpgk-no2-3_R_R.jpg
k-no3-kanban_R_R.jpgkuruishima-no2-7_R_R.jpg

 来島どっく支線NO2

 池の中にある鉄塔です。25年経過し廻りは随分変化しました。前回(23年目)観察時はJA支所が撤去され更地でしたが、現在は宅地が分譲され家屋が建築されていました。

 鉄塔の外観観察ですが、さすがに25年経過しますと塗膜はチョーキングしています。しかし塗膜ははげたり、層間剥離は全くないようです。

k-no3-1_R_R.jpgk-no3-2_R_R.jpg
k-no3-3_R_R.jpgk-no3-kanban_R_R.jpg

  来島どっく支線NO3

 海に近くて過酷な条件下にあります。全体的にチョーキングはしているものの、塗膜の剥離や層間剥離もありません。「健全に消滅しつつある」ことが確認できました。

 

k-no4-6-rui_R_R.jpgのサムネール画像k-no4-1_R_R.jpg
k-n4-7-kinsetu_R_R.jpgk-no4-4_R_R.jpg

来島どっく支線NO4

 外観観察したところ剥離している箇所はありません。
鉄塔の部位に茶色の部位がありますが、おそらくカーボマスチック15の塗膜がチョーキングで消滅した後に亜鉛メッキの成分が表出したのではないかと思われます。

 25年経過した上での見解

 1985年に「カーボマスチック15」を塗装しました。それから25年。塗膜は健全に「老化」していったと思います。観察していまして、海浜部でありましても、カーボマスチック15の2回塗りで、20年は大丈夫であることは確認されました。

 有機物である以上は塗膜は劣化・消滅していきます。その劣化の過程でカーボマスチック15は「剥離」したりは全くしませんでした。25年経過観察をしましても「見苦しい」ことはありませんでした。

 次回この現場を再塗装されるのであれば、カーボマスチック15を刷毛塗り2回塗りをしていただければ、また20年は大丈夫でありますので推奨いたします。

 設計プラン           http://www.nc-21.co.jp/plan/index.html 

 海浜部での鉄塔塗装(2回塗り)を参考

 「チョーキング」などの塗装・塗料の独特な表現についての解説につきましては、「錆の豆知識」のなかの「白亜化」を参考にして下さい。

 

 kurushoma-no2-4_R_R.jpgのサムネール画像 k-no3-9_R_R.jpgのサムネール画像

  確かに25年も経過しますと塗膜はチョーキングしまして消滅しています。しかし残存しているカーボマスチック15の塗膜はまだまだしっかり素地にくっついています。剥げたり、めくれたりは全然していないことが理解出来ると思います。



0

防錆のご相談

  • よくある質問
  • 会社情報
  • リンク集
  • お問い合せ
株式会社NC商会

高知市二葉町17番4 
電話 : 088-882-1626
FAX : 088-882-1627

外部リンク
  • けんちゃんのどこでもコミュニティ
  • けんちゃんお吠えるウォッチング