TOP >> 提案解決事例 >> 栗林線31年目の外観調査(その1)

鉄塔 ”, 報告書 ”, 防錆視察 の防錆提案事例

栗林線31年目の外観調査(その1)


  2017年5月10日、栗林線の送電鉄塔の外観観察に出掛けました。香川県高松市の市街地であり、高松駅から高松空港へ行く幹線道路である国道193号線を横断する形で栗林線はあります。

 31年前は田園であった場所に、家屋やマンションや商業店舗が建っており、当時は鉄塔の林立が見通せていましたが、今や鉄塔の敷地以外四方を家屋で囲まれたところがあり、様変わりには今更ながらに驚きました。

 周辺交通量も格段に増えていまして、道路に駐車して観察することすら出来ません。それでコンビニで買い物をして、お断りしてコンビニの駐車場に駐車させていただきまして、歩いて数ヵ所の鉄塔の外観観察をしました。
riturin -zinka2.JPG

 観察した後の感想です。

1)遠目で見ても見苦しくはありません。31年目ですのでチョーキング(白亜化)は目立ちます。人間で言えば「100歳」に該当する塗膜です。


2)近接すると「与太っている」印象はあります。しかし剥げたり、捲れたり、塗膜が膨れたり、「塗膜が花が咲いた状態」「著しく錆びた状態」にはなってはいません。

3)鉄塔の「塗装塗膜劣化グレード」からすれば、5段階(劣化度1が最良・劣化度5が最悪)で行けば、総じて劣化度3であります。



4)31年前より、より市街化は進展しています。飛散防止型塗料で鉄塔塗装をする必要性があると感じました。
riturin -zinka2 (2).JPGrirurun 38-2.JPG



0

防錆のご相談

  • よくある質問
  • 会社情報
  • リンク集
  • お問い合せ
株式会社NC商会

高知市二葉町17番4 
電話 : 088-882-1626
FAX : 088-882-1627

外部リンク
  • けんちゃんのどこでもコミュニティ
  • けんちゃんお吠えるウォッチング