TOP >> 提案解決事例 >> 栗林線31年目の外観観察からの提案事項(その2)

鉄塔 ”, 報告書 ”, 防錆視察 の防錆提案事例

栗林線31年目の外観観察からの提案事項(その2)

 再塗装は、是非カーボコートタワー16で

 カーボコートタワー16(旧名称カーボタワー16)は改良され、進化しています。

 日本で初めて栗林線で採用されました飛散防止型塗料のカーボタワー。当時は薄膜タイプであり、刷毛塗1回塗で30μが限界でした。改良を重ねたした現在のカーボコートタワー16は、刷毛塗1回塗で60μ付着します。

1)耐塩水性(20度 1カ月(720時間)3%NACL).耐水性(20度 1カ月(720時間)水道水。耐候性 カーボンアーク1000時間など、防錆力、付着性、耐候性が向上しています。

2)飛散防止型塗料でありながら、防錆力、付着性、耐候性(アルミフレークを含有)に優れた塗料です。

3)厚膜になり、防錆力も向上しています。

4)出荷時に粘度調整されています。原則無希釈で塗装できます。

 市街地の飛散防止塗料は、カーボコートタワー16で決まりです。

 塗膜の性能表でご確認ください。

CCTsikenseiseki.jpg



0

防錆のご相談

  • よくある質問
  • 会社情報
  • リンク集
  • お問い合せ
株式会社NC商会

高知市二葉町17番4 
電話 : 088-882-1626
FAX : 088-882-1627

外部リンク
  • けんちゃんのどこでもコミュニティ
  • けんちゃんお吠えるウォッチング